ABOUT

ただ物を作るのではなく、
使い手の笑顔と幸せを願い、
手仕事だからこそ伝わる温もりをお届け出来るように、
ひとつひとつ丁寧にうつわを製作しています。

うつわは食事をするための道具であり、その先には使い手の暮らしがあります。
それは個人でうつわづくりをするにあたっても変わりません。
「暮らしに寄り添ううつわ」というコンセプトは、今までのうつわに対する想いそのものと言えます。

BIOGRAPHY

小林 俊介 Shunsuke Kobayashi

群馬県太田市出身

多治見市陶磁器意匠研究所 修了
陶磁器メーカーや商社で陶磁器デザイナーとして勤務後、2021年に独立
第36回朝日陶芸展 入選
2004・2006・2007年 グッドデザイン賞 受賞
第7回国際陶磁器展 美濃 陶磁器デザイン部門入選